楽天ペイ
ご相談・お問い合わせ
    

電話アイコン 06-6152-8822

受付時間10時〜20時
(店舗休業日除く)

メールアイコン メールからはこちら

支払いについて さくら薬品ホームページ スタッフブログ 厚生労働省

友だち追加数
LINE QRコード
 


 
会社紹介
 
■店舗販売業における管理および運営に関する事項       作成日26年11月10日
1.許可の区分   店舗販売業 
 許可番号 第12V00116号
 有効期間 平成25年1月10日から平成31年1月9まで
 店舗の所在地 大阪府大阪市淀川区東三国5-2-8

2.開設者の氏名または名称  さくら薬品  馬島忠平
 
3.管理者の氏名  馬島 忠平
 
4.取り扱う一般用医薬品区分
   第1類医薬品 第2類医薬品 第3類医薬品
 
5.勤務する資格者の別、氏名及び担当業務

    薬剤師    「薬剤師」と記した名札 馬島忠平(相談、販売、情報提供、梱包、発送)  
    登録販売者  「登録販売者」と記した名札 馬島ともみ(相談、販売、情報提供、梱包、発送)
 
6.営業時間、営業時間外で相談できる時間
   営業時間     午前10時より午後8時まで
    

7.営業時間外で医薬品の購入または譲り受けの申込みを受理する時間
    なし
 
8.相談を受ける時および緊急時の連絡先
  さくら薬品          
    住所 〒532-0002 大阪府大阪市淀川区東三国5-2-8-101
    電話 06-6152-8822
    FAX 06-6152-8822

    電子メール sakura891netshop@sakura891.com

9.勤務体制
    馬島忠平(薬剤師)    木曜日以外 10時〜20時
       馬島ともみ(登録販売者) 木曜日以外 13時〜18時

10. 医薬品の使用期限
     出荷時90日以上


■一般用医薬品の販売制度に関する事項         作成日 26年6月12日
1.医薬品のリスク区分の定義と開設
  一般用医薬品はリスク別に4分類されています。
   1)   要指導医薬品・・・リスクが確定していない医薬品です。
            新たな健康被害・有害事象が生じる恐れがある医薬品です。
     2)   第1類医薬品・・・特にリスクの高い医薬品です。
              副作用が生じるおそれがあり、注意を要する医薬品です。
       3)第2類医薬品・・・リスクが比較的高い医薬品です。
                                     まれに副作用等が生じるおそれがある医薬品です。
       4)第3類医薬品・・・リスクが比較的低い医薬品です。
                                     身体の変調や不調を生じるおそれがある医薬品です。
 
2.医薬品のリスク区分の表示

        医薬品パッケージ(外箱・外包)および添付文書にリスク区分を表示します。
        1)要指導医薬品はパッケージに要指導医薬品と表示します。
        2)第1類医薬品はパッケージに第1類医薬品と表示します。
        3)第2類医薬品はパッケージに第2類医薬品と表示します。
        4)第3類医薬品はパッケージに第3類医薬品と表示します。
 
3.医薬品のリスク区分の情報提供についての解説
        医薬品の情報提供は、専門家が行います。
       1)要指導医薬品は薬剤師が対面で紙面または出力装置の映像面を用いて使用者本人に
              情報提供します(義務)
         2)第1類医薬品は薬剤師が紙面または出力装置の映像面を用いて情報提供します(義務)
       3)第2類医薬品は薬剤師・登録販売者が情報提供に努めます。(努力義務)
       4)第3類医薬品は義務ではないが、専門家が情報提供に努めます。
 
4.要指導医薬品の陳列に関する解説
        薬剤師が対面で直接情報提供を行ってから購入いただくために、

        お客様が直接手に取れない場所に陳列となります。
 
5.指定第2類医薬品の陳列に関する解説
        1)第2類医薬品のうち、特に注意を要する医薬品成分を含んだ医薬品を言います。
        2)指定第2医薬品はパッケージに第⇔牋緻品または第2(2に□の枠囲み)類医薬品と

             表示します。
        3)指定第2類医薬品は相談コーナー等から7m以内に陳列し、情報提供の機会を高めます。
 
6.指定第2類医薬品の販売に関して
    指定第2類医薬品を購入する際は、安全に使用していただくため薬剤師または

         登録販売者にご相談ください。
 
7.一般用医薬品に関する陳列
  リスク区分された医薬品は、リスク別に異なった陳列がされます。
  専門家が不在の場合は医薬品売場を閉鎖し販売はできません。
        1) リスク別陳列・・・同じ薬効内でも、リスクが混在しないようにリスクごとに陳列します。
        2) 第1類医薬品の陳列・・・薬剤師が対面で直接情報提供を受けてから購入頂くために、
                                               お客さまが直接手に取れない場所に陳列となります。
        3) 第2類医薬品、第3類医薬品の陳列・・・許可を受けた医薬品売場内に陳列します。
        4) 指定第2類医薬品の陳列・・・相談コーナーから7m以内に陳列します。
 
8.医薬品による健康被害の救済について
        万一医薬品による健康被害の受けた方は「医薬品副作用被害救済制度」が受けられます。
       (一部救済が受けられない医薬品・副作用があります)
         1)窓口(独)医薬品医療機器総合機構
         2)連絡先 電話0120−149−931(フリーダイヤル) 
         3)受付時間 月〜金曜日(祝日・年末年始除)午前9時から午後5時30分
         4)ホームページhttp//www.pmda.go.jp/kenkouhigai.html
 
9.個人情報の適正な取扱いを確保するための措置
          収集いたしました個人情報は、医薬品適正使用以外の目的で使用しません。
 
10.その他、必要な事項
            1)薬剤師不在時は要指導医薬品売場・第1類医薬品売場、

                        薬剤師や登録販売者不在時は 医薬品売場を閉鎖します。
                      (閉鎖時の医薬品販売は法律で禁じられています。)
            2)薬剤師及び登録販売者不在時の医薬品販売はできません。
            3)医薬品の正しい購入方法、正しい使用に努めて下さい。
            4)医薬品の中に入っている「添付文書」は捨てないで、医薬品がある間は保管し、

                        必要に応じて見られるようにしてください。
            5)苦情相談窓口
           大阪市健康福祉局健康推進部 生活衛生担当(薬務担当) 電話番号 06-6208-9986
 

ページトップへ


  【健康食品とオーガニックコスメのさくら薬品】shop.sakura891.com
  さくら薬品 馬島忠平   大阪府大阪市淀川区東三国5-2-8
  お問い合わせ:06-6152-8822 / メールはこちら



Copyright © 健康食品とオーガニックコスメのさくら薬品 all rights reserved.